『富士宮市役所7F』

3月23日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」掲載(第155回)
 先日、久しぶりに会った叔父に「お前、ずいぶんアッチコッチと出掛けて
いるな」と声を掛けられた。あれは、以前出掛けたのを書いたのだ、と受
け答えした。今朝も、知り合いから「市役所の高さのこと、知らなかった」
と、記事の内容で、会話があった。
 どちらにしろ、反応があるのは嬉しい。絵手紙でなく、文章に関してのみ
なのは、残念のような気もした。絵手紙の描き方を教えられても困るの
だろうな、解釈した。

290323岳南朝日新聞(富士宮市役所7F)

『桜とお地蔵さんを描こう』講座開催

地元浅間大社の桜が開花シーズンを迎えます。町内にある
富士宮宮町郵便局と合同企画で『桜とお地蔵さんを描こう』講座
を4月1日・2日.3日の3日間、開催することにしました。
縦と横2枚の絵手紙に、同局の風景印を押印して、しかもA4画用紙で
絵手紙額も作ります。宮町郵便局と佐野博行で受け付けます。
IMG_3563290324宮町郵便局共同企画


『日光』

3月16日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」掲載(第154回)
  寸評でも、「姫路城良かったです」等と伝えられると、「そう、ありがとう」と、
さり気なく応えているつもりですが、心はかなり嬉しいです。連載の150回を
超えると、本当に読んでもらっているのか、「なるほど」と少しは読んで良かっ
たと、思ってもらえてるのか、と読者の反応が気になります。
 文章力を鍛えるには、まず莫大な読書量と、そして何よりの書くこと繰り返す、
とか。それは、簡単にできることではないだけに、日々の精進努力のたまもの
という。
290316岳南朝日新聞(日光)

l佐野博行プロフィール
ツイッター表示
  • ライブドアブログ