『母校で卒業絵手紙教室』

 母校市立大宮小学校6年生75名に昨年に引き続き、「卒業絵手紙」制作の
講師として招かれた。四つ切の版画用和紙に、墨で輪郭線と描き、水彩絵の
具で彩色、更に墨でメッセージを添える内容です。
 2グループに分かれ、100分講座を連続2回とハードではあったが、孫ほどの
子どもたちに接する機会に恵まれ、まして卒業した小学校であったので、とても
充実した思いで深い時間であった。
 岳南朝日新聞「ワイド学園」で取材してくださったので、当日の様子、児童作品、
掲載記事をBLOGしました。
290205大宮小学校卒業絵手紙
290205大宮小学校卒業絵手紙2


『富士宮って、素晴らしい!』

1月26日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」掲載(第147回)
  誰もがしていない絵手紙+文章の投稿も3年ほどになる。絵もさる
ことながら、推敲を重ねて投稿するまで1~3日掛る。一人の友人は、
市町村レベルの新聞社でなく、県や全国紙にもチャレンジすべきだと
背中を押す。自分の身の丈という言葉がある。何歳のなっても、自分
のレベルって、分らない。
290126岳南朝日新聞(富士宮ってすばらしい)

『銀座』

1月19日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」掲載(第146回)
連載144回からスケッチ編を始めました。絵手紙のジャンルでも、野外スケッチをする
グループがあります。墨絵で描かれる方、ペンを使われる方等、それは様々です。
 私は、細身のマジックペンを使用し、線書きをその場でして、色付けは家に戻ってから
にしています。時には、線のみが良いと判断する時もあります。銀座のビルなどは、まさ
にその線のみです。
290119岳南朝日新聞(銀座)

l佐野博行プロフィール
ツイッター表示
  • ライブドアブログ