『北海道白老』

4月13日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」掲載(第158回)
 マメに手帳や日記に書きとめる性格で、小学校6年生からの記録が
残っている。今日の「絵だより」は、いよいよ絵らしき物を描きだした貴
重な葉書だった。大学の同好会で知り合った仲間との旅の思い出で
す。自分でも、良く見つけたものだと、嬉しくなって新聞投稿したのです。
 290413岳南朝日新聞(北海道白老)

『子供の日を描こう』講座

富士宮宮町郵便局と共催企画『子供の日を描こう』講座のPOPを
掲示してきました。前回の『桜とお地蔵さんを描こう』講座が好評で、
16名の参加がありました。
 手ぶらで、しかもワンコイン(500円)は気軽のようです。今後も、
出来うる限り続けて行きます。
無題

『御神幸橋』

4月6日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」掲載(第157回)
  新聞掲載の「絵だより」は、絵手紙に文を添えて紹介するコーナーです。
後付けで絵を描いた状況を解説しているので、描いていた時には知りえ
なかった真実が隠されていて、驚くのもしばしばです。
 「そうだったのか」、または「なるほど」と、感想を抱いてもらえたら嬉しい
です。旅先からの便りを今回シリーズのテーマにしていますが、この「御
神幸橋」は地元から発信でした。
290406岳南朝日新聞(御神幸橋)

l佐野博行プロフィール
ツイッター表示
  • ライブドアブログ