『キューピット』

平成30年6月21日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」連載215号。
投稿のスピードがコンスタントであれば良いのだが、思うようには行かない。
一応、シリーズのテーマを掲げて描き進めているので、今回シリーズの記念品
(造形物)が種切れになってくると、もう次シリーズの企画で頭がいっぱいになる。
 という訳で、来週の掲載ハガキがまだ投稿出来ていない。今、早朝3時20分。
絵は完成しているので、文を数時間で仕上げて、午前9時頃までにはポストインしたい。
300621キューピット(岳南新聞)

『バンクマン』

平成30年6月14日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」連載214号。
自分の父親が夜8時には寝床に入り、朝3時、4時に起き、不恰好にテレビ
体操をする姿を冷ややかな眼で眺めていた。それが、まったく今の自分に
起こっているのだから、驚くというより呆れる。
 「その歳になってみないと分からない」ことは、あまりに多い。私が、10年も
20年も前に出会い、買い求めた物を絵手紙するのは、自分の未来もそこに
隠されているからだと思う。記憶を辿り、情報を整理、分析すると、何かが見えてきそうだ。
300614バンクマン(岳南新聞)

マーグトン人形『』

平成30年6月7 日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」連載213号。
「見たこと、聞いたことしか描けない」。絵手紙の絵に添える言葉で、
誰が言ったか忘れたが、記憶に残る名文句だ。心が動かされずに、
手が勝手に動くことなどない。かなり激しく、そう感激しないと熱の入
った絵手紙は描けない。紆余曲折な人生であっても無意味なことは
ない。この「マーグトン人形」とも、無駄とも遊びとも思える時間の中
で出会ったから。
300607マーグトン人形(岳南新聞)

l佐野博行プロフィール

絵だよりアーティス...

月別アーカイブ
ツイッター表示
  • ライブドアブログ