『スーパーの看板に採用される』

okazuya1.jpg
okazuya2.jpg

富士市にあるスーパーまるいさんが「おかずや本舗」なるおかずコナーを拡張する。4mx0.9mに納まる和紙看板の作成依頼があり、このほど完成した。
 「書」と「野菜の絵」がコラボレーションしたユニークな看板で、23日に改装オープンする。前例がないだけに、看板として取り付けられるのが楽しみです。

『富士宮信用金庫で絵手紙展示会』

 
sinnyoukinko1.jpg
sinnyoukinko2.jpg
本日より(金二ヶ月間、富士宮信用金庫本店ギャラリーで『絵だよりアーティストとその仲間展』を開催する。
 二年前にも同信用金庫で同様の展示会を開き、大きな反響があった。本店長望月さんの依頼で、この展示会のために一ヶ月ほど前から準備をした。
  大判和紙ははがき絵の市川百色子先生の「椿」、「好きよ」はあいでアート主宰の日野原さんの作品の協力していただいた。
 市内を代表する金融機関のロビーだけに来場客は多く、話題となっている。近隣の方は是非、ご覧ください。7月5日までです。

『あいであーと@富士宮』

aidea-to1.jpg
aidea-to2.jpg
aidea-to3.jpg
「あいであーと@ふじのみや」第一日目が無事、終了した。参加者、講師を含めて12名だった。講師を予定していた中澤千寿子さんが体調を崩されて、日野原・佐野の講師による教室となった。
 「明るく、楽しいスクラップブッキング」を目指し、受講者ひとり一人の進行度に合わせた作品作りを心がけた。当然、台紙、スタンプも各々が違うものを選んでもらった。
 デジタル機器(プリントゴッコjet、エプソンカラリオE700)やフィルムアート加工用にカール製のダブルループグリッサーパンチを活用して、従来のスクラップブッキング教室をより進化させる斬新なアイデアを取り込んだ。
 2時間の予定が3時間になってしまうほど、時間を忘れるほど熱中できた。完成した作品を、アトリエのインテリアに合わせて展示、感想、講評と大いに盛り上がった。
l佐野博行プロフィール
ツイッター表示
  • ライブドアブログ