2012年11月

『12月に富士宮・文具の蔵 Riheiで一閑張り展を開催します』

241128宣伝用チラシ

 12月15日(土)・16日(日)・17日(月)の3日間、富士宮市宮町の「文具の蔵 Rihei」
一閑張り展を開催します。
東京だけでなく、地元富士宮でも一閑張り作品を是非見たい、との要望に応えて最も適した
会場に展示できることになりました。

 期間中、一閑張り作成のデモンストレーション等も企画しています。どうぞ、ご来場ください。

『来春、富士宮芝川公民館で絵手紙入門講座が始まります』

241123芝川公民館

申し込みは1月10日からです。

『一閑張り展始まりました』

 12月1日(土)まで、東京・国立南区公会堂ロビーにて『さの ひろゆき仲間たち 一閑張り展』を開催しています。約30点の一閑張りを展示しています。

一閑張り展002
一閑張り展003
一閑張り展004

会場までお見えになれない方に「さの ひろゆき」の一閑張り8点のアップ画像と解説を掲載します。
BLOG001

BLOG002

BLOG003

BLOG007

BLOG006

BLOG004

BLOG008

BLOG005

241119DM


『時にはアナログで・・・』

岳南新聞

 地域新聞の岳南朝日新聞の読者コーナーに絵手紙を投稿している。
デジタル社会とはいえ、高年齢者はまだまだ新聞情報が主体です。

 高速に流れて行くBLOGやFacebook記事は忘れるのも早いが、
紙ペパーの新聞は切り抜いてファイルしてある、と耳にする機会も
多い。モノトーンから色を想像することもたまには新鮮では。

『老人ホームで特大年賀状』

1114サンシャイン
 
 毎月出掛けている有料老人ホームでも年賀状絵手紙を描きました。
と言っても、ご覧のように線描きをしたA3用紙をクレパスで色付けを
してもらうのです。「もういくつ寝るとお正月♪」と唄付きでの教室です。

 ひとりのご婦人の手を両手で包むようにして一緒に色塗りをしたら、
素直に描けました。感激していた彼女の笑顔が嬉しかったです。
「また来月ね~」と手を振って部屋を後にします。充実した時間です。
l佐野博行プロフィール
ツイッター表示
  • ライブドアブログ