2015年01月

『左手で描いてみませんか?』


270121左手で描く

『左手で描いてみませんか?』
 平成12年(2000年)秋に片岡鶴太郎氏の講演を聞きに出かけました。
一年先輩の彼の墨水画に影響されて、たらしこみ技法を盛んに真似していました。
彼は話の中で右利きなのになぜ左手で絵や字を描くのかという質問にこう応えました。
 「心に近い手はどちらですか?」
 「その心に近い手の方が素直な自分が出ると思っているんです」

 その日から翌年の夏近くまでの約半年間の絵手紙を全て左手描いてみました。
「字が読めない」「めちゃくちゃでよく分からない」「いい加減に右手で描いてくれ」と
非難ゴーゴー、ブーイング雨嵐の連続でした。
めげずに物にするまで描き続けました。追従する人も出てきました。 
 
 思い出深いのが上段に右から2番目の日章旗です。これは硫黄島で亡くなった軍人の
持ち物で、新潟県の三条市にご兄弟が存命中だと絵手紙仲間がインターネットで知らせ
てくださいました。
 絵手紙の生徒Yさんが、ハワイにいる息子さんの友人の米国人から託されたものです。
なんと、Yさんと同行してその日章旗をお届けに出かけたのです。
左手の絵手紙が招いた縁だと今では思っています。

1月15日岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」

 ご無沙汰してしまいました。
昨年は新聞投稿に力を入れました。
今年は、よみきかせ絵本からこれはと思う作品をアレンジしながら描いていこうと
思っています。 
270115岳南新聞掲載(ライオンとねずみ)

l佐野博行プロフィール
ツイッター表示
  • ライブドアブログ