2015年02月

『地域新聞「絵だより」コーナー掲載』

新聞社への投稿絵手紙と文をオリジナルなものにするために、
童話本も何冊も読んだり、絵の構成に頭をひねって
いる。
そんなに長い文ではないのだが、堅苦しくもなく、さりとて、
ありきたりの誰もが知っていることばかりでは「ふ~
~ん」の
ひと言をつぶやいてもらえない。当然のことだが
、今ほど童話
や昔話を読み返していることはない。

 270219岳南掲載分

『旅する絵手紙』

『旅する絵手紙』~お雛様の風景印を求めて~
 埼玉県の鴻巣(こうのす)人形町郵便局の風景印がお雛様の
絵手紙にピッタリだと知って、教室がある度に取りまとめて送っています。
郵便依頼書という風景印の押印依頼を添付して送るのです。

 印影がはっきり出るように、1枚づつ丁寧に押してください、と但し書きを
して郵送するので、画像のように鮮明な風景印が押された絵手紙が届きます。
生徒さんたちにも好評で、より一層丁寧に、心を込めて描くようになりました。

 270210風景印

『昔話・童話を地域新聞に投稿しています』

 地域新聞の岳南朝日新聞に数年前から絵手紙を投稿しています。
昨年から、300~400文字程度の文書を添えています。
毎週のことなので「絵だよりコーナー」を設けていただくまでになりました。

 昔話や童話を年間通して描いてみることにしました。
折帳というご朱印帳の大きくしたような蛇腹に連続で描いています。
一か月で約2m、一年で24~6mになるのではないでしょうか。
展示会場を横断する長さに驚く来場者の顔を想像していっしょけんめいに
描いています。
270205裸の王様
270129岳南新聞掲載
270122岳南新聞掲載
270115岳南新聞掲載(ライオンとねずみ)










l佐野博行プロフィール
ツイッター表示
  • ライブドアブログ