2016年06月

『江川太郎左衛門』

6月30日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」掲載(第121回)
歴史の人物伝から多くを学び、そして自分の今と未来につなげることが
できればと願っています。絵と文章に2~3日かかります。
毎週の掲載に間に合わせるのに、まだまだ余裕がありません。ライフワ
ークってのは生半可では行きませんね。
280630岳南新聞(江川太郎左衛門)

『葛飾北斎』

6月23日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」掲載(第120回)
この歴史シリーズは描き溜めていたものです。東京吉祥寺の額屋
ギャラリーで展示会をしたほどで、必死に描いたものです。この絵の
裏打ちに、一枚5000円ほどしました。
 それをきっかけに、書や絵の裏打ち額装を自前でするべく、数人の
表装専門家に学びました。でも、中途で通うのを辞めてしまうので、自
己流のいい加減の裏打ちで、間に合わせています。
280623岳南新聞(葛飾北斎)

『山本勘助』

6月16日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」掲載(第119回)
この「絵だより」も自分の仕事にプラスになればと、始めました。
昨日、富士宮市のある公民館で体験教室を開いたところ、なんと
男性2名を含む計15名の参加がありました。数人から「新聞いつも
見ています」と声を掛けられました。継続は力なり、とはよく言った
ものです。目標連載800回と答えてます。みんなに笑われます。
280616岳南新聞(山本勘助)

『織田信長』

6月8日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」掲載(第118回)この
80cmX40cmの歴史人物画シリーズは描き溜めたものです。普段
は自宅和室に飾っています。夢中のなると2~3カ月シリーズで描き
続けるパターンです。今少し、このシリーズにお付き合いください。
280608岳南新聞(織田信長)

『曽我兄弟』

6月1日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」掲載(第117回)頼朝も曽我兄弟も、
富士宮に縁のある歴史人物です。大いに力か入ります。実物は80x40cmあります
から、新聞のモノトーンからも迫力が伝わったのではないでしょうか?
280601岳南新聞
l佐野博行プロフィール
ツイッター表示
  • ライブドアブログ