2017年08月

『片岡鶴太郎』

8月31日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」掲載(第178
回) 新聞投稿は、掲載日から逆算するとおよそ1カ月前に書かれている。
そのため、今回の「片岡鶴太郎」編には、マスコミで騒がれているヨガや
離婚で騒がれている鶴太郎には一切触れていない。旅の便りから人物
だよりにテーマを移している。
290831片岡鶴太郎(岳南新聞)

『個展、夏の絵だより展』

8月24日(木)岳南朝日新聞掲載
 昨日、個展初日でした。なじみの記者が朝一番で取材してくださり、
翌日の今朝、新聞に掲載された。記者はすごい、あっという間に個展
の様子を伝え、自ら撮影した画像を印刷に回す。日曜日までの4日間、
精一杯頑張りたい。
290824岳南記事掲載

『倉敷』

8月24日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」掲載(第177
回)作文を書くときに5W1Hでと、学校時代に言われただろう。
ところが、「いつ、だれと」を明記すると、違和感に思うようになった。
この新聞の「絵だより」は20年ほど前からの旅先の便りなのだが、
毎週、各地の様子を絵と文で紹介されると、「しょっちゅうあちこちに
出掛けているんですね」と言われる。
 でも、20年前、15年前と都度、伝えていたら、「そんなに昔の思い
出は新鮮じゃない」とより思わせるだろう。更に、誰と行った、は文意
外の想像を掻き立ててしまうだろう。
 ま、こんなところに気を付けながら「絵だより」は書いています。
290824倉敷(岳南新聞)

『2017夏の絵だより展』

今年から年2回、個展を開くことにした。
プロフィールは絵だより画家・講師なので、絵だより画家をお披露目しよう
と年間計画したのです。会場は、江戸屋城北町ギヤラリー。
一週間後の23日(水)~27日(日)。夏休み最後の追い込みです。
290815

『伊豆・土肥』

8月10日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」掲載(第176回)
  新聞投稿の絵手紙は10年、いや古いものには20年前の物もあります。
それを大事に保存し、整理してあるからコラムとして書けるのです。
 近年、自分史をデーター化しています。何年、何月何日に、何処に行き、
何をしたかなのです。消印が不明瞭で、日時判定の決定的証拠がなく、
所在不明な絵手紙が沢山あります。描いた日時を記す必要を痛感します。
290810伊豆・土肥(岳南新聞)

l佐野博行プロフィール
ツイッター表示
  • ライブドアブログ