マスコミ掲載

『天神さん』

平成30年4月12日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」連載206号。
80歳過ぎの生徒さんたちがいる。どの方も謙虚で、しかも熱心に学ば
れる。手が震え、物が見えにくく、動作が緩慢だが、周囲の人たちのサ
ポートで楽しい時間を過ごしている。
 「見えているだけで、こちらが元気づけられる」と賛辞をおしまない。
やがて行く道、一緒にいるだけで、胸が熱くなる。
300412天神さん(岳南新聞)

『猫弁慶』

平成30年4月5日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」連載205号。
初めて新聞投稿をしてから5年。ほぼ毎週掲載されていても、「たまに
新聞に出ていますね」と言われる。「はい、おかげさまで」と無難な返答
をするのですが、たまに「毎週、楽しみにしています」と言われると、とび
あがるほど嬉しい。読者の声援ほど力づけられるものはない。まだ、まだ、
精進を重ねたい。
300405猫弁慶(岳南新聞)

『子供大将』

平成30年3月29日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」連載2
04号  先週は、ローカル紙は休刊でした。シリーズ物で投稿して
います。2ヶ月、10回単位ほどで視点を変え、テーマを一新して
います。季節の変化と同じで、描く対象物に新鮮さを感じてもら
えるようにしています。
300329子供大将(岳南新聞)

『二十四節花』

 平成成30年3月15日(木)岳南朝日新聞の「絵だよりコーナー」連載203号。
毎週、投稿そして掲載。5年やっているのだからリズムになってもいいのだが、
絵だよりに描きたくなる対象物を探すのに腐心する。しかもシリーズにしてい
るので、なおさらだ。
 愚痴れば、「ではやめれば良い」と当然言われるのだから、元も子もない。
そんな訳で、毎回、なんとか続けている。継続は「力」を信じて。
300315ぬ十四節花(岳南新聞)

『くくり雛』

平成成30年3月8日(木)岳南朝日新聞の「絵だよりコーナー」連載202号。
絵手紙を描く時間の数倍、文章を書くのに費やしています。新聞投稿です
から、何を描いたのか、なぜ描きたくなったかのか、を読者に伝えたい。で
きれば、描く楽しさも・・・。限られた時間、限られた文字数で。毎回、簡単に
はいきません。
300308くくり雛(岳南新聞)

l佐野博行プロフィール

絵だよりアーティス...

ツイッター表示
  • ライブドアブログ