マスコミ掲載

『柘榴』

平成30年10月4日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」連載229号。
絵手紙同様に、文章も何百回、何千回書こうがなかなか上達しない。
最も、花は苦手で、描くのを避けていたのだから無理もない。文も、
小説家になるのではないし、新聞社への投稿なのだから、と割り
切れば良い。と、自分を励ましています。いつも、ご覧くださりありがとう。
301004ざくろ(岳南新聞)

『酔芙蓉』

平成30年9月28日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」連載228号。
季節があっという間に移り、今朝は長袖一枚でも肌寒いほど。
庭で咲き誇る「酔芙蓉」を小説、演歌から話題を引き出した。と言っても、
富山の「風の盆」祭りも行ったことも、石川さゆりの生歌も聞いたことがない。
実体験していれば、酔芙蓉を見る目はもっと違うだろうに・・・。
300928酔芙蓉(岳南新聞)

『彼岸花』

平成30年9月20日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」連載227号。
昨日、富士宮市内公民館で『一閑張り講座』の講師をした。一閑張りは、
絵手紙をやる中で、15年程まえからやっていた。「絵手紙」講師とは違っ
た面を評価されたのは嬉しかったが、その分、プレッシャーもあった。幸い、
受講生の作品がどの方のもステキでホッとしている。
300920彼岸花(岳南新聞)

『初雪かずら』

平成30年9月13日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」連載226号。
「歳を取ると・・・」と、加齢のせいにしたくはないのだが、近頃、根気が
なくなった。嘆いてもはじまらないので、自分なりの対策を練っている。
 早朝起きるのが苦ではなくなったので、4時~4時半に起きて、まず
は30分ウォーキング。6時25分からテレビ体操。その後の、2~3時間
に集中して仕事に取り組む。で、夜は7時~8時には床に就く。信じられ
ないのだが、自分の親父がやっていたことだ。こんなことも遺伝するのか。
300913初雪かずら(岳南新聞)

『りんどう』

平成30年9月6日(木)岳南朝日新聞「絵だよりコーナー」連載225号。
本来、絵を描くのを仕事としているなら、「苦手」と言ってはならないの
では、と思う。というのは、頼まれる内容は「描きたい絵」とはほとんど
違うからだ。
 では、自分の好む絵をスイスイ描いているかと言えば、そうでもない。
人に喜んでもらえる絵こそが、自分の描くべき絵。と、心から思いたい。
300906りんどう(岳南新聞)

l佐野博行プロフィール

絵だよりアーティス...

月別アーカイブ
ツイッター表示
  • ライブドアブログ